社長メッセージ

社風の脚本家は、
社長ではなく、社員

代表取締役社長 中井 康博

ケントホームズは、お客様が楽しく暮らせる家づくりという社員共通の目標をもとに、みんなでデザインしていく職場です。
私は、面白いアイデアというのは、社員同士の個性と個性とが化学反応を起こすことで生まれると考えます。
誰か一人の意見に沿うのではなく、各々が自分の意見を持ち、お互いにそれを尊重する会社。
そんな会社でいられるよう、信念を持って、邁進している日々です。

ケントホームズができた過程

二十数年前、私がまだ新入社員だった頃は、決して優秀とは言えず、むしろ、上司に怒られた記憶の方が色濃く残っています。
始めは、大手住宅会社に入社し、プレハブ住宅の販売の仕事をしていました。
学ぶところも多かったのですが、「マニュアル」にとらわれた営業に疑問を感じるようになっていき、3年働いたあとは、地元デベロッパーに入社しました。地元工務店では、注文住宅や分譲住宅を売る仕事をメインでこなす傍ら、様々な経験を積みましたね。
今まで自分がお世話になった2つの会社で得た知識や経験を活かし、2000 年にケントホームズを創設しました。

住まいづくりの仕事の魅力

30 年間、住まいづくりに関する仕事だけをやってきました。どの仕事もそうかもしれませんが、楽しいことだけではなく、しんどいこともあったというのが本音です。
では、何故しんどいところもあるこの仕事を、長年に渡って続けてこられたのか。
それは、仕事を通して出会ってきた魅力的な人たちのおかげかもしれません。 住宅営業は、本当に様々な人との繋がりに恵まれた職業です。
お客様に始まり、設計、業者、大工、銀行員、司法書士…中には反面教師のような方がいたのも事実です。
その一方で、「自分はこんな大人になりたい」と思わされる方にもたくさん出会いました。
つまずくことがあっても、「あの人に近づく為に頑張ろう」とモチベーションを維持することができ、そのおかげで、自分の会社を持てるまでに成長することができました。

学生へメッセージ

「誰でも、主役になれる。」とお伝えしたいです。
冒頭でも話したように、社会人になりたての頃は、私は脇役でした。
しかし今では、社員の生活を背負う社長です。
みなさんも、仕事を始めたばかりのころは、自分の不甲斐なさに目がいってしまい、落ち込むこともあるかもしれません。
しかし、理想の大人像が描けていれば、人は誰でも主役になることができます。
ぜひ、あなたの人生という物語の中で、主役を勝ち取ってください。