設計工務

03

地上に無いものを創り出す業師
設計工務    – Architect –

入社1年目
工務部IC課 
森 典子

形ないものを、
形あるものへ変えていく。


Architect

フローリングや照明、クロスや外壁材などの材質や機能性をご説明し、
内外装のデザイン決定のお手伝いをしています。
お客様の思いを汲み取りながら、ご要望以上のものを提案でき、
お客様に喜んでもらえた時はとても嬉しく、やりがいを感じます。


Q入社を決めた理由は?

「どんな仕事しても良いよ」。
社長からいただいたこの一言が決め手でした。
前職がデザイン職だったため、広報希望で面接に臨みましたが、同時に素人ながらコーディネーター職にも興味があると伝えたときの言葉です。
結果、新しいことにチャレンジさせてくれる環境を私に与えてくれています。

Q仕事で一番嬉しかったことは?

私を信じて内外装のデザイン案をお客様が採用してくれること。
喜んでいただける提案ができると心の底から嬉しく、日々の活力になっています。

こだわりアイテム
お客様と対面で打ち合わせをする際に、図面にご要望や変更点を書き込むことがあります。フリクション(消せるペン)は、目の前で訂正できるので重宝しています。 付箋紙は忘れてはいけないことを書き残すため。目に入りやすいようカラフルなものが必須条件。

Q今後の目標は?

常に幅広くアンテナを張ってインプットを怠らない。
自分の中に新しい知識を蓄えることで、他の人にはできない提案ができるようになると思うので、いつも周りのデザインにアンテナを張るようにしています。

Q学生の方へメッセージ

ひとつ言うとしたら「環境のせいにしない」ということ。
社会人になると理不尽なこともたくさん増えてきます。職場が悪い、他人が悪い…吐き出すと瞬間は楽にはなるでしょう。
しかし意志を持てば、どこでも成長はできます。どの職場にも言えることですので、将来を見据えて学びを止めないでください。

家づくりへのこだわり

毎日過ごす場所なので、お客様の好きなものやこだわりがつまった家にできるよう、デザインの提案をしています。
素材や色も数多く取り揃え、お客様が「これ!」と一目で気に入ってもらえるデザインと、さらに機能性にも優れたものをご提案できるよう、日々アンテナを張って素材の選定をしています。

Schedule

9:00
出社 / 朝礼
朝礼は、離れた事務所ともテレビ電話を使って行うので 一体感があります。
10:00
業者と打ち合わせ
お客様や営業との打ち合わせで決まったことを、業者の方へ依頼していきます。正確さが大切なので慎重に。
11:00
ミーティング
営業部との打ち合わせや、ES委員会として働き方についての打ち合わせも定期的に行なっています。
12:00
昼食
お弁当を持ってきたり、先輩方とランチに出る日もあります。
13:00
お客様と打ち合わせ
フローリングやクロスといった住まいの印象を作り上げる部分を、
お客様の持たれているイメージを汲み取りながら提案していきます。
15:00
カタログの整理
家づくりには、たくさんのカタログを使います。
整理をしながら、色や素材、機能性などを覚えていきます。
18:00
退社
 
 
仕事終わりは友人とドライブに行くなど、プライベートも充実できるよう 心がけています。

Other people